連盟への再質問

38. ペタンクを良くしたいAP - 2017/04/21(Fri) 17:03 - [削除]

連盟に以下の内容で再質問されています。 回答期限が4月25日になってます。 良い回答がくれば良いですね! 楽しみです!


平成29年4月20日

日本ペタンクブール連盟会長 様

       公開質問をさせていただいた会員の代表
湯木正治(広島)・中島良人(高知)・中村忠之(岡山)
川邊正人(京都)・松田浩一(三重)・高川欣士(兵庫)
石川眞也(愛知)・加藤英男(埼玉)
                                 
再度の公開質問と情報公開等についてのお願い
                  
日本ペタンクブール連盟におきましては、平成29年度の活動がスムースにスタートしたこととお慶び申し上げます。また、各都道府県連盟に対するご指導ご助言に対して、心よりお礼申し上げます。

さて、標記の件、3月28日に送付した6項目の公開質問(4月7日回答期限付)に対し、期限通りにご回答いただけなかったことが残念でなりませんが、4月13日付けでFAXにて回答いただき、ありがとうございました。また、4月13日に連盟のホームページに新たに掲載された「2017国際ペタンク大会選手選考会開催要項」は、この公開質問をご検討し、内容の一部を改訂していただき、感謝申し上げます。
しかしながら、回答内容や「2017国際ペタンク大会選手選考会開催要項」を拝見しますと、まだ疑問点がありますので、再質問(2件)させていただきます。誠意あるご回答を希望いたします。選考会参加申し込み締め切りが28日ですから、お忙しいことと存じますが回答期限を4月25日とさせていただきます。

今後、日本ペタンクブール連盟が会員のためにより開かれた「会員ファースト」な団体として活動されていかれることを祈念し、「お願い事項」4件、「提案事項」1件(添付資料)を提示させていただきます。誠意あるご検討をよろしくお願いいたします。


1 再質問について
再質問3 「強化合宿」について
☆ なぜ参加資格の中に、強化合宿への強制参加を計画したのか、
次の質問にお答えください。

① 4日間の強制合宿への参加は、まるで「学生」や「時間が自由にとれる職業の方」、「仕事をリタイアした方」等、一部の会員に限定したに等しい条件下での選考になってしまうのではないでしょうか? 
② 20代~40代の働き盛りの若者は、子育ての時期とも重なり、長い休みを取ることが難しいのが、今の日本の現状です。この4日間の強制合宿への参加条件は選考会参加への足かせとなり、実力があるにもかかわらず、断念せざるを得ない選手がかなりいると思います。その結果、選考会のレベルの低下が懸念されますが、いかがでしょうか?

③ そもそも、4日間の合宿が必要なのでしょうか?4日間で技量のレベルアップがどれだけ期待できるのでしょうか?

④ 強化合宿は選手の技能向上や選手間の人間関係の醸成、チームワーク作り等とても有意義な活動だと思います。そこで、この強化合宿の参加条件を例えば、「4日のうち最低2日間参加してください。」等、検討していただけないでしょうか?

⑤ 「強化合宿において最終選考を実施する」とありますが、「最終選考」及び「チーム編成」はどのように行うのでしょうか? 誰が考えても納得するような明確な基準がなければ、結局は、強化部会の思惑で決定してしまうことになりませんか? 最終選考の「選考基準」を明確に提示し、それに基づいた最終選考を実施していただけないでしょうか?

⑥ この合宿に外国(フランスやタイなど)からコーチを招聘する計画はあるのでしょうか?

⑦ 補助金があるにもかかわらず、2万円もの参加費がかかるのはどうしてですか?
  昨年度、長野で実施した強化合宿の「会計報告(指導者・審判員・役員等に対する  支出を明記)」及び本年度、長野で実施する強化合宿の「収支予算案」の提示も含めて、ご回答をお願いします。

※本件に対するご提案
5月13(土)、14(日)の2日間を「一次選考会」、
8月5(土)、6(日)の2日間を「二次選考会」とする。
この二回の選考会にて選考された選手を対象に、後日2日間の強化合宿を
実施する。このように変更することを提案いたします。

選考会や合宿のあり方を会員のお陰で日本ペタンクブール連盟が成り立っていることを十分考慮いただき「会員ファースト」で再検討していけば、今後上記のような質問が出ることはないと思います。いかがでしょうか?


再質問6 「その他の国際大会参加選手の選考基準の明確化」について

   ☆ 年度内に予定している国際大会以外に招待状が届いた場合の選手選考については、選考会で選出されて強化選手の中から順番に選考していくのが妥当かとも思います。いかがでしょうか?
例えば、12名が強化選手として指定されるのですから、男子の場合を例にすると、
・「アジア大会に最初の4名の選手を派遣する。」
・「その後マスターズ大会の招待状が届いた場合、次の4名の選手を派遣する。」
・「次に○○大会の招待状が届いた場合、その次の4名の選手を派遣する。」
等、選手派遣の決まりをはっきりと明記すれば、改めて選考会を開かなくても順番に選手を派遣することができます。ご回答をお願いいたします。

2 情報公開等のお願いについて
   会員ファーストの立場に立ち、会員の知る権利を充足し、より開かれた連盟となっていただくために、次のお願いに対する誠意ある対応をお願いいたします。

お願い1 平成28年度、開催された会議の議事録(総会、理事会、各部会等)の公開

特に「平成29年度の国際大会および選手強化事業について」の要項作成にあたるために開催された議事録及び再提出された「2017年に開催される国際大会の選考会について」の要項作成のために開催された会議等の議事録(開催日時、参加者、議事内容)
また、昨年度2月末にタイで開催されたマスターズ大会の選手選考のために開催された会議等の議事録

お願い2 平成28年度国際大会等に関する収支決算報告の公開

   (1) 世界ペタンク選手権大会  (2) アジア選手権大会
    (3) アジアビーチゲームズ (4) タイで開催されたマスターズ大会
(5) 国際大会等に向けた強化合宿 (6)フランス人講師を招聘した講習会

  お願い3 連盟のホームページの活用

 前回の公開質問に対するご丁寧なご返答、ありがとうございました。今後とも会員からの正式な質問や要望に対して、電話やファックス等でご返答をお願いしますが、いかがでしょうか?その場合は、個人と連盟とのやり取りで終わり、同じような質問や疑問を持っている会員にはその内容が全く伝わりません。
そこで、ホームページ上に掲示板等を開設し、正式な手続きを踏んだ「質問や要望」とそれに対する「返答」を載せていただければ、会員相互の悩みや疑問が一瞬のうちに解決すると思います。ご検討お願いいたします。
また、会議の議事録等も速やかに載せていただけたら、本部の考えが会員にくまなく伝わり、本当に会員ファーストな連盟につながっていくと思います。ホームページの活用に関してもご検討お願いいたします。

お願い4 責任の所在の明確化

「平成29年度の国際大会及び選手強化事業について」               
① 誰がどのように決定し、ホームページ上に掲載したのか?
② 誰がどのような理由でホームページ上から撤回したのか?
③ 上記の責任の所在と処分は?

※ 日本連盟は、公益法人化されているので、責任と処分が明確化され なければならない。(処分=指導でもよいと思いますが)
上記①②のプロセスとその処分を明確にして、ご回答をお願いいたします。
また、すべての会員の理解と協力のもとに連盟を運営していくために、ホームページ上への掲載お願いいたします。
                              
「シューティング大会」においても、大会要項と異なる内容(募集人員と予選のティール回数)で実施されたたとの連絡がありました。大会要項の変更の経緯も選考内容の変更についても、全く説明のないまま実施されまたため、参加者選手は疑問を持ち、戸惑いながらも変更されたルールのもとに参加したそうです。     
そこで、
① 誰がどのような理由で変更したのか?
② 誰の責任において変更した内容で実施したのか?
③ 上記の責任の所在と処分は?

このことについても、責任の所在を明確にしたご回答及び、ホームページ上への掲載をお願いいたします。

3 今後の検討課題(詳細別紙参照)について
○ 選手のライセンス試験(案)および大会出場資格の明確化について
○ 資格制度の改善と有効活用(案)についての提案
○ 時間制限採用の大会運営責任者への教育(案)について
○ ランキング制度(表彰)について(案)
   ○ その他、「講習会(案)」「作戦教育(案)」「海外研修(案)」について
 
※ 今後の連盟の活動の「たたき台」に